こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社の心理学Doshisha Psychology

バランスの取れた心理学教育と実践

資格

心理学部のカリキュラムにおいては免許や資格の取得に配慮した科目を設定しています。以下「取得可能な免許・資格」に記載の免許および資格については、所定科目の単位を修得することで取得できます。

取得可能な免許・資格

小学校教諭1種※1、中学校教諭1種(社会)、高等学校教諭1種(公民)、図書館司書、学校図書館司書教諭、博物館学芸員※1 神戸親和女子大学通信教育部(男女共学)との提携による

関連資格

公認心理師(国家資格)

2015年(平成27年)9月9日、国会において「公認心理師法案」が可決されました。これにより、心理の専門家として活躍できる国家資格「公認心理師」が誕生します。

同志社大学心理学部、および大学院心理学研究科では、公認心理師の受験資格を得られる教育体制を準備すべく、今後発表されるカリキュラムに対応していく方針です。

臨床心理士(公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会認定資格)

受験申請資格証明書はこちら

「臨床心理士」は、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会の認定を受けることで取得できる資格です。臨床心理士養成に関する指定大学院(1種・2種)を修了し、所定の条件を充足している者が資格試験に合格することで臨床心理士として認定されます。

同志社大学大学院心理学研究科臨床心理学コースは、日本臨床心理士資格認定協会の第1種指定校の認定を受けています。そのため、本研究科臨床心理コースを修了し、所定の条件を充足している修了生は、臨床心理士資格審査を受験する資格が与えられます。

認定心理士(公益社団法人日本心理学会認定資格)

「認定心理士」は、心理学の専門家として仕事をするために必要な標準的基礎学力と技能を習得し、公益社団法人日本心理学会の認定を受けることで取得できる資格です。

同志社大学心理学部を卒業し、その在学期間に認定基準を満たす所定の単位を取得した卒業生は、認定心理士の認定申請ができます。

認定心理士(心理調査)(公益社団法人日本心理学会認定資格)

「認定心理士(心理調査)」は、心理学の専門家として仕事をするために必要な標準的基礎学力と技能の習得に加えて、心理調査に関連する専門科目を履修し、公益社団法人日本心理学会の認定を受けることで取得できる資格です。

同志社大学心理学部を卒業し、その在学期間に「認定心理士」の資格取得に必要な認定単位を取得したうえで、「認定心理士(心理調査)」の認定基準を満たす所定の単位を取得した卒業生は、認定心理士(心理調査)の認定申請ができます。

証明書

受験申請資格証明書

臨床心理士受験申請資格証明書

臨床心理士受験申請資格証明書 交付願

心理学部・心理学研究科事務室にて証明書を交付いたします。
以下のものを心理学部・心理学研究科事務室宛に提出してください。

申請に必要なもの
  • 臨床心理士受験申請資格証明書 交付願(本ホームページよりダウンロード)
  • 日本臨床心理士資格認定協会指定の「臨床心理士受験申請資格証明書」
  • 証明書発行手数料
  • 切手を貼付した返信用封筒(郵送で受取希望の場合のみ)
証明書発行手数料
  • 在学生 1通につき100円(窓口で申請する場合:郵便切手を提出)
  • 修了生 1通につき300円(窓口で申請する場合:郵便切手を提出)(郵送で申請する場合:郵便切手を同封)
申請先

〒610-0394 京都府京田辺市多々羅都谷1-3
同志社大学心理学部・心理学研究科事務室 宛

その他
  • 証明書交付願等を受取った後、4~7日(業務日)を要する場合があります。夏期ならびに年末年始の一斉休暇期間をはさみますと更に日数を要しますので、余裕を持ってお申し込みください。
  • 「臨床心理士受験申請資格証明書 交付願」がダウンロード・出力できない場合は、次の事項について記載したもの(様式任意)を「臨床心理士受験申請資格証明書 交付願」の代わりに同封してください。

  • 修了研究科・専攻
  • 学生ID(わかる場合)
  • 入学年度
  • 卒業(修了)年月
  • 氏名(フリガナ)
  • 性別
  • 生年月日
  • 現住所・電話番号(昼間連絡のつく連絡先)
  • 修士論文の「題目」「主査名」「副査名」
  • 受領方法「郵送希望」もしくは「窓口受取」
  • その他(厳封が必要な場合は、その旨ご記入ください。)

ページトップへ