こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社の心理学 Doshisha Psychology

学部長・研究科長挨拶

中谷内一也

同志社心理の基本方針

人の心に実証的に迫る。

学部生にせよ、大学院生にせよ、そして、教員にせよ、同志社心理のメンバーが連綿と共有してきた揺るぎない方針があります。それは、実証的な姿勢で心の問題にアプローチするという方針です。

言いかえると、根拠となるデータに基づき、論理的に思考して、心の動きを解き明かすということです。これを実践するには、実験や調査を考案しデータを収集する企画力、得られたデータから意味を引き出すための分析技術、論理的に考察を展開するための思考力が必要です。

同志社心理では日々の研究活動の中でこれらを身につけます。そして、こういった力は心理学領域に限らず、社会のどのような分野で活躍するうえでも必要だと確信します。

私たちの基本方針に共鳴いただける方は、ぜひ同志社心理の門を叩いてください。メンバーに加わっていただけるのを心待ちにしています。

心理学部長・心理学研究科長
中谷内 一也

学びの特徴

伝統の少人数教育を継承し、総合的人間力を育成します。

伝統の少人数制教育を継承しながら、心理学の専門知識・技術の体系的教育を幹にした教養教育を展開します。

また、実践的・体験的学習であるプロジェクト科目により、問題を発見し、解決する総合的人間力を育成します。

POINT 1
伝統の
少人数教育
少人数クラスを設置し、きめ細やかな指導を実現

少人数教育を重視します。1年次のファーストイヤーセミナーから4年次のゼミまで、全学年で少人数クラスを設置し、きめ細やかな指導を実現します。

POINT 2
研究力の
向上
興味ある分野に分かれて学び、研究色も高めていく

2年次からは、「神経・行動」「臨床・社会」「発達・教育」の3つのコースから興味ある科目を学べるようになります。

知識だけでなく、研究力をつけるために、演習や実習を重ねて行い、研究法についても学びます。

POINT 3
実践力の
修得
こころと行動の解明に必要とされる実践的かつ専門的な技術へとレベルアップ

1年次と2年次で、実験と臨床心理学の基本的な技能を学びます。

3年次のアドバンストクラスである「サイエンティスト・プラクティショナーの基礎」、「心理学実験演習(上級)」、「心理学実験プロジェクト演習」では、こころと行動の解明に必要とされる実践的かつ専門的な技術へとレベルアップします。

TOPIC

実験心理学とは?~長い歴史の中で積み重ねた同志社心理の実証性~

心理学部では、さまざまな心理学において教育・研究する環境が整えられており、その専門分野のエキスパートが学生の学修をサポートします。その中で基礎と応用を身につけ、実証性のある結論へと導いていく力を養って、社会で幅広く活躍する人材の育成に取り組んでいます。

体系的に幅広く学べる3つの心理学領域

神経・行動心理学領域

近年めざましい発展をみせている神経科学(脳科学)や行動科学を学びます。心と行動の神経・生理的な基盤と行動そのもののメカニズムを中心に学習し、心と行動について生物学的・行動科学的に理解する能力に特に秀でた人材となることを目指します。

【開講科目例】
  • 生理心理学
  • 学習心理学
  • 認知心理学
  • 精神生理学
  • 感情心理学
  • 行動分析学
  • 比較認知心理学
  • 神経科学の基礎
  • 食行動の心理学
  • スポーツ心理学
臨床・社会心理学領域

心の問題の解決を目指す臨床心理学と社会における心と行動の理解を目指す社会心理学を学びます。心の問題を解決する能力と心理学の知識を対人関係の中で活用する能力に特に優れた人材となることを目指します。

【開講科目例】
  • 臨床心理学
  • パーソナリティ心理学
  • 健康心理学
  • 環境心理学
  • 臨床社会心理学
  • 心理療法精神病理学
  • 産業・組織心理学
  • 犯罪心理学
  • 交通心理学
  • 実験社会心理学(1)
  • 実験社会心理学(2)
  • リスク心理学
発達・教育心理学領域

生涯発達的な観点から心の発達と教育に関するメカニズムおよびその支援の基礎知識を中心に学びます。発達や教育に関連する問題について適切な理解と支援を行う能力に特に秀でた人材となることを自指します。

【開講科目例】
  • 発達心理学
  • 乳幼児心理学
  • 臨床発達心理学
  • 発達と学習の心理学
  • ヒューマン・モティベーション
  • 家族心理学
  • 高齢者心理学
  • 学校心理学
  • 学校カウンセリング
  • 生徒・進路指導の理論と方法

プロジェクト型への応用・探求

プロジェクト型への応用・探求

実験演習や卒業論文執筆は個人研究ではなく、一部を除いてチームを作ってプロジェクト型で実施しています。協力してデータ収集しているために、研究の水準は非常に高いレベルにあります。

また、基礎から応用までさまざまな専門分野のゼミが開講されているので、学生がそれぞれに求める心理学を研究できます。

シンボルマーク

同志社大学 心理学部 シンボルマーク

同志社大学 心理学部 シンボルマークついて

同志社の象徴であるワイルドローヴァー号と、心理学(psychology)を表すギリシャ文字のΨ(プサイ)を組み合わせて図案化しました。古典的なエンブレム風のデザインと創立年を示す「SINCE 1927」の文字は、同志社大学心理学部にふさわしい伝統と品位を表現しています。

ワイルドローヴァー号の帆を掲げ、新天地へ渡った新島襄の志と探求心が今に生きていることを表す、堂々としたイメージのマークです。

ページトップへ