こちらに共通ヘッダが追加されます。

教員・卒業論文紹介Professors & Graduation thesis

あなたの知的好奇心に応える、
20人の心理学エキスパート

内山 伊知郎 教授

内山 伊知郎 教授
専門領域 発達心理学、交通心理学
担当科目 発達心理学、発達と学習の心理学
現在の
研究テーマ
  • 乳幼児から高齢期までの発達心理学
  • 交通安全の発達心理学
私にとって
心理学とは
社会に貢献するための科学的アプローチ
メールアドレス

Message

子どもや高齢者の発達の様相を科学的な視点でとらえてみたい方、ぜひ研究室で一緒に学びましょう。

研究室

こころと行動の発達の謎を科学する

乳児期、幼児期のこころや行動の発達を科学的な研究手法を通して明らかにしています。また、高齢期を快適に過ごすための研究にも取り組んでいます。さらに、交通安全社会を実現するために、ひとや車の共存を目指した研究にも取り組んでいます。

論文テーマ例
卒業論文
  • 14ヵ月児における他者の意図理解が向社会的行動に及ぼす影響
  • 車の走行車線位置および走行速度と実行機能が幼稚園年長児の道路横断行動に及ぼす影響
修士論文
  • 角度の異なる下り斜面状の仮想的な光学的流動に対する乳児の反応
  • 乳児期における自己移動経験と共同注意の関連
博士論文
  • 乳幼児期におけるふりの発達に関する検討 –母親の働きかけから子ども主体のふり確立へ-
  • 高齢期における人生目標及び社会関係と心理的well-beingの関連 –社会情動的選択理論に基づく検討-

ページトップへ