こちらに共通ヘッダが追加されます。

教員・卒業論文紹介Professors & Graduation thesis

あなたの知的好奇心に応える、
20人の心理学エキスパート

興津 真理子 教授

興津 真理子 教授
専門領域 家族心理学・臨床心理学
担当科目 家族心理学、心理療法
現在の
研究テーマ
  • 家族造形法による事例検討がもたらす効果について
  • グリーフケアにおける家族へのアプローチ
私にとって
心理学とは
「生きること」のそばにある学問
メールアドレス

Message

わたしたちは知っているのです。苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。希望はわたしたちを欺くことがありません。
(ローマの信徒への手紙 5:3-5)

苦難に出会うことは恐ろしく、できれば避けたいと思うものです。しかし、なんとかしようとする努力の過程には忍耐があり、練達があり、それらは失望に終わることはない。そう信じて生き、研究、実践の道を歩む仲間を待っています。

研究室

「家族」という当たり前のようで当たり前でないもの

興津研究室では家族を中心テーマとして研究を行っています。人が最初に出会う最小単位の社会である家族の在り方は実に多様です。そこでの体験は、生きていく上で様々な影響をもたらし、臨床的な問題と不可分であることも少なくありません。その解決に寄与すべく、家族療法の一技法である家族造形法に関する研究や、家族内コミュニケーション、夫婦関係、親子関係などに関する研究を進めています。

論文テーマ例
卒業論文
  • 家族造形法を用いた事例検討によるIdentified Patientへの共感的理解の効果に関する研究
  • 家族造形法の実施による大学生の両親に対する意識の変化の調査
  • 親から受けた非明示的な期待が他者の本心の反すう・曲解傾向に及ぼす影響
  • 夫婦間の信頼感と支持的関わりが子どもの将来の結婚対象に期待する性格特性に及ぼす影響
修士論文
  • 瞑想は自己分化を促進するか
  • 家族造形法を用いた事例検討会の効果 ―家族理解と共感性の促進―

ページトップへ