こちらに共通ヘッダが追加されます。

教員・卒業論文紹介Professors & Graduation thesis

あなたの知的好奇心に応える、
20人の心理学エキスパート

石川 信一 教授

石川 信一 教授
専門領域 臨床児童心理学
担当科目 学校カウンセリング、学校臨床心理学 等
現在の
研究テーマ
  • 子どもを対象とした認知行動療法
  • 学校ベースのメンタルヘルス予防プログラム
  • 児童青年期における異常心理学的研究
私にとって
心理学とは
学ぶ楽しさを教えてくれた学問
メールアドレス

Message

大学生の可能性は無限大です。同志社心理にて,ともに可能性の原石を磨き,輝かせましょう。

研究室

教育や児童福祉の現場に寄与する心理学を。

石川研究室では、臨床児童心理学に関する研究と実践を進めています。主に、子どもたちの健やかな心の伸長やメンタルヘルスの向上のための活動や、認知行動療法に関する研究などを行っています。ゼミの活動は、チームワークとディスカッションを重視して和気あいあいとしています。学校をはじめとした教育現場や児童福祉の現場など、新たなフィールドの開拓にも努めています。

論文テーマ例
卒業論文
  • 中学生における抑うつ症状の認知モデルの検討
  • LD等通級指導教室における社会的スキル訓練の効果
  • 他者反応の解読能力への集団社会的スキル訓練の効果
  • 認知行動的アプローチが大学生の先延ばし行動に及ぼす影響
修士論文
  • 不安症状を示す自閉症スペクトラム障害の児童生徒に対する認知行動療法プログラム―Multimodal Anxiety and Social Skills Intervention (MASSI) の効果―
  • 自閉症スペクトラム障害児用社会的スキル尺度(Autism Social skills Assessment for Parents: ASAP) の作成―項目反応理論を用いた検討―
  • 高社交不安者におけるふるまいの自己評価と認知的事後処理の関係
  • 青年期におけるメンタルヘルスリテラシーに関する研究―専門家の援助を必要とする生徒が援助を受けるために―

ページトップへ