こちらに共通ヘッダが追加されます。

教員・卒業論文紹介Professors & Graduation thesis

あなたの知的好奇心に応える、
20人の心理学エキスパート

青山 謙二郎 教授

青山 謙二郎 教授
専門領域 学習心理学・行動分析学・食行動の心理学
担当科目 学習心理学、食行動の心理学、心理学実験演習 等
現在の
研究テーマ
  • 食べる行動の実験心理学的研究
  • 衝動的行動の行動分析学的研究
  • 動機づけ行動のセッション内減少
私にとって
心理学とは
いつも気になる色々なことを解き明かす学問
メールアドレス

Message

心理学を学ぶことは,あなたの日々の生活に、今までとは違う道しるべをもたらします。
科学的に人の心や行動を分析する訓練を通じて、新しい世界が開けます。

研究室

行動に関する心理の法則性を、科学的に探る。

なぜ、甘い食べ物を食べ過ぎてしまうのでしょう?
なぜ、食べ出したら止まらなくなるのでしょう?
なぜ、勉強することが大事とわかっているのにテレビを見てしまうのでしょう?
なぜ、目の前の誘惑に打ち克つことができないのでしょう?
行動が、始まり、持続して、終了するには法則があります。その法則性を明らかにするために、科学的な実験によりデータを積み重ねています。

論文テーマ例
卒業論文
  • テレビを見ながら食べることが摂食量にどのような影響を与えるか
  • 食器の高級感が食物の盛りつけ量にどのような影響を与えるのか
  • 豊かな環境で飼育することで、ラットの砂糖に対する渇望を弱めることができるか
  • お金をもらうのが後になるとき、主観的価値はどのように低下するのか
修士論文
  • 食品に含まれる成分に由来する条件づけの認知機能に対する効果
  • 他者の存在が摂食行動に与える効果の検討
  • 食べるペースのセッション内減少の実験的検討

ページトップへ