こちらに共通ヘッダが追加されます。

教員・卒業論文紹介Professors & Graduation thesis

あなたの知的好奇心に応える、
20人の心理学エキスパート

畑 敏道 教授

畑 敏道 教授
専門領域 生理心理学、行動学的神経科学
担当科目 生理心理学、心理学実験演習
現在の
研究テーマ
時問評価や記憶の脳内過程に関する研究
私にとって
心理学とは
世界をわかってしまわないための装置
メールアドレス

Message

できるだけびっくりしてください。そのために探してください。そしてびっくりさせてください。

研究室

「生き物のしくみ」から行動を理解する。

生理心理学は行動が脳のどのような活動から生み出されるのかを調べる領域です。行動の背後には脳の活動があります。よく耳にする「◯◯すると△△という脳部位が活性化する」というような表面的な理解ではなく、行動がどのような脳の中の物質的な相互作用から生み出されるのかについて研究します。

論文テーマ例
卒業論文
  • 背側線条体内AP5投与が時程の記憶形成に及ぼす影響
  • 時程の記憶獲得時の背側線条体および側坐核におけるc-FosとZif268の発現
  • 条件性恐怖がラットのインターバルタイミングに与える効果
  • パーキンソン病モデルラットにおいて運動症状に起因するストレスが運動症状の増悪へ与える影響の検討
修士論文
  • 条件性恐怖による時間の過小評価と時間弁別精度の低下における扁桃体の役割
  • 空間記憶の保持低下における海馬NMDA受容体の関与
  • 走行がMorris型水迷路による空間学習課題の獲得に与える影響

ページトップへ