博士課程(後期課程)茂本 由紀

【研究テーマ】
抑うつに対する脱フュージョンの有効性検討のための新しい行動指標の開発

各種採択実績
(奨学金/補助金/学振)

  • 立命館大学西園寺奨学金(平成20年度から平成21年度)
  • 中信育英会奨学金(平成20年度から平成22年度)
  • 同志社大学大学院奨学金(平成23年度から平成24年度)
  • 同志社大学大学院 博士後期課程若手研究者育成奨学金(平成25年度から平成27年度)
  • 平成27年度日本学術振興会特別研究員(DC2)
  • 日本学生支援機構奨学金特に優れた業績による返還免除(全額)
  • 日本学生支援機構奨学金特に優れた業績による返還免除(半額)

執筆論文

  • 茂本由紀・武藤崇 (2012) 脱フュージョン・エクササイズに対するアナログ研究の現状とその課題 心理臨床科学, 2, 81-91.
  • 茂本由紀・武藤崇 (2013) 脱フュージョン・エクササイズの作用メカニズムの検討―3つのエクササイズの順序効果について― 心理臨床科学, 3, 13-26.
  • 茂本由紀・武藤崇(2017) 漢字迷路課題の妥当性の検討―非柔軟性と関係フレームづけの測定― 感情心理学研究, 24, 61-70.

学会発表

  • Yuki SHIGEMOTO, & Takashi MUTO, The effect of Cognitive defusion on self-relevant negative thought : examining the impact of “I think that” phrase. (Association for Contextual Behavioral Science X, Washington, D.C. (USA), July 2012)
  • Yuki SHIGEMOTO, & Takashi MUTO, Examination for mechanism of defusion exercise: Effects of sequence variation on conducting three defusion exercises. (Association for Contextual Behavioral Science XI, Sydney (Australia), July 2013)
  • Yuki SHIGEMOTO, & Takashi MUTO, Developing a new behavioral rigidity task for depression: Application of alphabet-maze task. (Association for Contextual Behavioral Science12, Minneapolis, (USA), June 2014)
  • Yuki SHIGEMOTO, & Takashi MUTO, Developing a new behavioral task for measuring defusion in depressed people: comparing performance on Kanji maze task and IRAP. (Association for Contextual Behavioral Science 13, Berlin (Germany), July 2015)
  • Yuki SHIGEMOTO, & Takashi MUTO,  Investigation of validity on the Kanji Maze Task as a defusion measure from verbal relation and relational Responding ,Association for Contextual Behavioral Science,Seattle, USA, (June 2016)
  • 茂本由紀・武藤崇 漢字迷路課題の妥当性の検討―言語刺激を使用した非柔軟性の測定―(認知・行動療法学会,第41回大会,仙台国際センター,ポスター発表,10月,2015)
  • 大月友・佐藤友哉・茂本由紀・上村碧・山本淳一・伊藤義徳 関係フレーム理論(RFT)は認知・行動療法に何を提供できるか?(認知・行動療法学会第42回大会 自主企画シンポジウム2016 徳島)