博士課程(後期課程) 長谷 和久

【研究テーマ】
・制御焦点 (Regulatory focus)
・反実仮想 (Counterfactual thinking)

執筆論文

  • Kudo, D., & Nagaya, K. (2017). Effects of Matching and Mismatching Messages on Purchase Avoidance Behavior following Major Disasters. Psychology & Marketing, 34(3), 335–346.
  • 長谷 和久・中谷内 一也 (掲載内定, 2018). 予防焦点は創造性課題の取り組み時に粘り強い解答をもたらすか? 心理学研究, 88(6).
  • Nagaya, K., & Nakayachi, K. (2015). Hazard Perception and Anchoring : A Comparison of the Three Models Explaining the Anchoring Effect. Journal of Disaster Research, 10(4), 678–686.
  • Nakayachi, K., & Nagaya, K. (2016). The Effects of the Passage of Time from the 2011 Tohoku Earthquake on the Public’s Anxiety about a Variety of Hazards. International Journal of Environmental Research and Public Health, 13(9), 866.

学会発表

  • 長谷和久・中谷内一也, アンカリング効果の発生過程に関するモデルの比較検討 (日本社会心理学会, 第55回大会,北海道大学, 2014年7月)
  • Daisuke KUDO & Kazuhisa NAGAYA, The effects of persuasive messages to reduce avoidant purchasing behavior after the Tohoku earthquake: A focus on the affective-cognitive matching effect (16th Society for Personality and Social Psychology, Annual Convention, Long Beach, USA, Feb 2015)
  • 長谷和久・中谷内一也, 反実思考によって防災の見方は変わるのか? (日本心理学会,第79回大会, 名古屋大学, 2015年9月)
  • 長谷和久, 反実思考が防災行動意図に与える影響 ―反実思考の種類と時制に着目して―(日本社会心理学会第56回大会, 東京女子大学, 2015年11月)
  • 中谷内一也・長谷和久, 東日本大震災後のリスク不安の変化 (3) (日本社会心理学会, 第56回大会, 東京女子大学, 2015年11月)