博士課程(後期課程)2年永野 茜

【研究テーマ】
ラットの道具使用行動、遅延の伴う報酬選択場面におけるラットの前頭前皮質の役割

各種採択実績
(奨学金/補助金/学振)

  • 同志社大学大学院奨学金

執筆論文

  • 永野茜・青山謙二郎 (2015) 強制選択試行の割合がラットの遅延の伴う報酬選択に与える効果 行動科学, 54, 31-40
  • 永野茜・奥村紗音美・青山謙二郎・上北朋子 (2016) 遅延のある選択におけるラットの眼窩前頭皮質の役割 心理学研究, 86, 603-609
  • Nagano, A. & Aoyama, K. (in press). Tool-use by rats (Rattus norvegicus): tool-choice based on tool features. Animal Cognition

学会発表

  • 永野茜・青山謙二郎・上北朋子 遅延を含む選択課題におけるラットの眼窩前頭皮質の役割(日本動物心理学会、第73回大会、筑波大学、ポスター発表、9月15日、2013)
  • Akane NAGANO・Kenjiro AOYAMA・Tomoko UEKITA The role of the orbitofrontal cortex of the rat in delay-based decision-making. (The 43rd annual meeting of the Society for Neuroscience, San Diego Convention Center, San Diego, CA, November 12, 2013)
  • 永野茜・青山謙二郎 Acquisition of tool-use behavior in rats.(日本動物心理学会、第74回大会、京都大学霊長類研究所、ポスター発表、7月20日、2014)
  • 永野茜・青山謙二郎 強制選択試行の割合がラットの遅延の伴う選択に与える効果(日本心理学会、第78回大会、同志社大学、ポスター発表、9月10日、2014)
  • 永野茜・青山謙二郎 強制選択試行の割合がラットの遅延の伴う報酬選択に与える効果(日本行動科学学会ウィンターカンファレンス シンポジウム、第31回、広島県、口頭
    発表、3月5日、2015)
  • 永野茜・青山謙二郎 Tool choice behavior in rats.(日本動物心理学会、第75回大会、日本女子大学、口頭発表、9月11日、2015)
  • Akane NAGANO・Kenjiro AOYAMA Training of tool-use behavior in rats. (49th congress of the International Society for Applied Ethology, Sapporo, Japan, September 15, 2015)
  • Akane NAGANO・Kenjiro AOYAMA Tool-use learning in rats. (The 45th annual meeting of the Society for Neuroscience, McCormick Place Convention Center, Chicago, IL, October 21, 2015)
    (註)この発表は、年次大会における“Hot Topics”の1つに選ばれた。
  • Akane NAGANO・Kenjiro AOYAMA Manipulation of tools to obtain food in rats. (31st International Congress of Psychology, Yokohama, Japan, July 27, 2016)
  • 永野茜・青山謙二郎 Tool manipulation by rats according to food position.(日本動物心理学会,第76回大会,北海道大学,ポスター発表,11月24日,2016)