博士課程(前期課程)臨床心理学コース 2年岸田 広平

【研究テーマ】
① 子どもの不安と抑うつに対する診断横断的介入
② 子どもの怒りに対する認知行動療法
③ ポジティブ心理学を活用した学校ベースの予防的介入

各種採択実績
(奨学金/補助金/学振)

  • 平成29年度 日本学術振興会 特別研究員 (DC1) 研究題目:子どもの回避行動に焦点化した学校での不安・抑うつ・怒りの診断横断的介入の検討
  • 日本認知・行動療法学会 WCBCT並びにアジア認知行動療法会議での発表助成金 研究題目:Cross-sectional and longitudinal effects of social skills on depressive and anxiety symptoms in community adolescents.
  • 日本認知療法学会 若手研究奨励基金 研究題目:The Cognitive errors in Japanese adolescents: Factor structure of Cognitive Errors Scale for Adolescents and relationship between cognitive errors and internalizing symptoms.
  • 公益財団法人 鴻池奨学財団 学術研究助成金(博士前期課程2年間)

執筆論文

  • 岸田 広平・武部 匡也・石川 信一 (2016). 児童青年期の怒りに対する認知行動療法の展望 心理臨床科学, 6, 3-16.
  • 岸田 広平・石川 信一 (2016). 中学生の抑うつと不安に対する社会的スキルの横断的および縦断的影響の検討 不安症研究, 8, 2-11.
  • 岸田 広平・石川 信一 (2016). 青年期における推論の誤りの因子構造および抑うつ症状と不安症状との関連の検討 認知療法研究, 9, 150-160.
  • 石川 信一・肥田 乃梨子・岸田 広平・中西 陽・上田 有果里・金山 裕望 (2016). 日本における子どもの認知行動療法の学術活動の動向に関する実証的検討―2004年世界認知行動療法学会(神戸)開催の前後比較― 認知療法研究, 9, 34-43.
  • 岸田 広平・石川 信一 (2015). 中学生の抑うつ症状と不安症状に対する学級規模の集団社会的スキル訓練の有効性の検討 心理臨床科学, 5, 59-71.

学会発表

  • Kishida, K., & Ishikawa, S. Identifying preventive mechanism on school-based interpersonal skills training for anxiety and depressive symptoms in early adolescents. The 50th Association for Behavioral and Cognitive Therapies, New York, October, 2016.
  • Kishida, K., & Ishikawa, S. Do social supports and stressors mediate the relationship between social skills and internalizing symptoms in adolescents? The 31th International Congress of Psychology, Yokohama, July, 2016.
  • Ishikawa, S., Hida, N., Kishida, K., Ueda, Y., Nakanishi. Y., & Kaneyama, Y. The impact of the world congress on a psychosocial intervention: Academic dissemination of cognitive behavioral therapies for children and adolescents in Japan. The 31th International Congress of Psychology, Yokohama, July, 2016.
  • Kishida, K., & Ishikawa, S. Cross-sectional and longitudinal effects of social skills on depressive and anxiety symptoms in community adolescents. The 8th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies, Melbourne, June, 2016.
  • Kaneyama, Y., Hida, N., Kishida, K., Ueda, Y., Nakanishi. Y., & Ishikawa, S. The empirical review of academic activities regarding cognitive behavioral therapies for children and adolescents with Autism Spectrum Disorders in Japan. The 8th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies, Melbourne, June, 2016.
  • Kishida, K., & Ishikawa, S. The Cognitive errors in Japanese adolescents: Factor structure of Cognitive Errors Scale for Adolescents and relationship between cognitive errors and internalizing symptoms. Child & Adolescent Depression Special Interest Group Exposition, The 49th Association for Behavioral and Cognitive Therapies, Chicago, November, 2015.
  • 岸田 広平・石川 信一 子ども用回避行動尺度の作成および不安症状と抑うつ症状との関連の検討 第9回日本不安症学会学術大会 発表番号P-7-5 九州大学医学部百年講堂 2017年3月
  • 岸田 広平・肥田 乃梨子・石川 信一 中学生の被援助志向性に関する横断的および縦断的検討 日本認知・行動療法学会第42回大会 発表番号3A-132 アスティとくしま 2016年10月
  • 岸田 広平 子どもの回避行動に焦点化した不安、抑うつ、および怒りの診断横断的メカニズムの検討 第2回関西・中部地区院生合同研究会 関西大学セミナーハウス六甲山荘 2016年3月
  • 岸田 広平・石川 信一 抑うつや不安の高い中学生に対する学校ベースの予防プログラムの有効性 第8回日本不安症学会学術大会 発表番号P-6-1 千葉大学亥鼻キャンパス 2016年2月
  • 岸田 広平・石川 信一 中学生における推論の誤りの因子構造に関する検討 日本認知・行動療法学会第41回大会 発表番号P1-13 仙台国際センター・東北学院大学土樋キャンパス 2015年10月

個人HP

http://researchmap.jp/Kohei-KISHIDA