博士課程(後期課程)石山 裕菜

【研究テーマ】
筆記療法のメカニズム~現実自己と可能自己の不一致~

各種採択実績
(奨学金/補助金/学振)

  • 立命館大学西園寺育英奨学金
  • 立命館大学大学院育英奨学金
  • 同志社大学大学院 博士後期課程若手研究者育成奨学金

執筆論文

  • 石山裕菜・鈴木直人.(2014). 自己不一致と健康,感情の関係性 同志社心理, 61, 47-54.
  • 渡邉卓也・石山裕菜. (2010).高校生の学業形態と生活形態の関連について 2009年度朱雀高校教育実践,23-30.朱雀高校.

学会発表

  • Yuna Ishiyama & Naoto Suzuki, The Effect of Expressive Writing on Health, Mood, Working Memory, and the Discrepancy between Real- and Possible-Selves.(The Sixteenth Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology.Long Beach,(USA). February 28, 2015.)
  • 石山裕菜・渡邉卓也・安田傑・佐藤恵子・渡邊芳之 自主企画シンポジウム 「実験と応用の「はざま」で―研究倫理を考える―」(日本心理学会第79回大会 同志社大学 2014年9月)
  • Yuna Ishiyama & Naoto Suzuki, Relationships among health, mood and discrepancy between real- self and possible - self; for establishing mechanism of expressive writing. (The Fifteenth Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology. Austin,(USA) February 14, 2014.
  • 石山裕菜・鈴木直人. 理想自己と現実自己のズレと健康・ワーキングメモリの関係性~筆記療法メカニズム解明のための基礎的研究 . (日本心理学会第77回大会.札幌. 2013年9月)
  • Yuna Ishiyama & Naoto Suzuki, The effects of expressive writing on test erformance,stress, and interpersonal relationships in elementary school students. (The Fourteenth Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology. New Orleans (USA) January 19, 2013.
  • Yuna Ishiyama & Naoto Suzuki, Effect of expressive writing on working memory capacity and moods,( The Thirteenth Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology. San Diego,(USA) January 28, 2012.)
  • 石山裕菜・横井沙弥佳 大学生・院生の読解法に影響を与える自己ルールについて~つぶやきと黙読が英語長文理解に及ぼす効果の比較から~ (行動分析学会第28回年次大会 筑波大学 2010年9月)
  • 渡邉卓也・石山裕菜. 高校生の学業形態と生活形態との関連について (第22回日本発達心理学会大 神戸国際会議場 2010年3月)
  • 石山裕菜. 物語筆記が目標行動達成に与える効果の検討(対人援助学会第1回大会.立命館大学 2009年11月)