博士課程(後期課程)荒井 穂菜美

【研究テーマ】
社交不安症に対する認知行動療法の精緻化に関する研究

各種採択実績
(奨学金/補助金/学振)

  • 同志社大学大学院博士後期課程若手研究者育成奨学金

執筆論文

  • 荒井穂菜美・青木俊太郎・金井嘉宏・坂野雄二. Subtle Avoidance Frequency Examination日本語版の信頼性と妥当性の検討 精神科診断学, 8, 114-123, 2015.

学会発表

  • Arai, H., Aoki, S., Tsuchiyagaito, A., Horiuchi, S., & Sakano, Y. Psychometric properties of the Japanese version of the Subtle Avoidance Frequency Examination (SAFE-J): Factor structure, reliability, and validity in Japanese college students. The 5th Asian Cognitive Behavioral Therapy Conference, 194-196, China, May, 2015.
  • Arai, H., Aoki, S., & Sakano, Y. Control ability over anxiety predicts “active” and “restricting” types of subtle avoidance behavior in Japanese college students. The 49th American Behavioral Cognitive Therapy Conference, Chicago, November, 2015.
  • Arai, H., Aoki, S., & Sakano, Y. Evaluation of the Control ability over anxiety in a speech task. The 50th American Behavioral Cognitive Therapy Conference, New York, October, 2016.
  • 荒井穂菜美・竹林由武. 社交不安症の不安のコントロール感(Control ability over anxiety)に関する研究動向と最新の研究結果日本感情心理学会第24回大会, 筑波, 6月, 2016.(印刷中)
  • 荒井穂菜美・青木俊太郎・石川信一・金澤潤一郎・坂野雄二. 不安のコントロール感と社交不安症状の関係における安全確保行動の媒介効果日本認知・行動療法学会第41回大会, 仙台, 10月, 2015.
  • 荒井穂菜美・青木俊太郎・前田 香・二瓶正登・岩野 卓・冨岡奈津代・堀内 聡・坂野雄二. Fear of Negative Evaluation Scale日本語短縮版の妥当性の検討日本認知療法学会第12回大会, 東京, 7月, 2015.
  • 荒井穂菜美・本田恵子・塚原 望・坂野雄二. 非主張的な人が受け身的行動をとる背景にある認知の内容 日本認知療法学会第14回大会, 大阪, 7月, 2014.
  • 荒井穂菜美・石川信一・青木俊太郎・坂野雄二. 受け身的行動をとるプロセスについての検討 日本認知・行動療法学会第40回大会, 富山, 11月, 2014.
  • 荒井穂菜美・塚原 望・本田恵子. アサーションスキルの低さに関連する認知要因の検討―アサーション権の認識不足に着目して― 日本教育心理学会第56回大会, 京都, 9月, 2014.